MENU

敏感肌をひきおこすとされる『4つの要因』とは?

肌は3つの層からできています。この層の一番外側が角質層と呼ばれ、厚さは大体0.02ミリです。この薄い層の中にアミノ酸などの天然成分やセラミドなどの細胞同士を結び付けるものが含まれています。そしてこの角質層は紫外線、ほこり、細菌などの外からのダメージから体を保護しているのです。しかし様々な要因からこの角質層の中の成分が少なくなってしまうと肌のバリア機能の働きが弱まって敏感肌になってしまうのです。

 

要因の1つ目は乾燥です。冬場の空気の乾燥だけでなく夏場のクーラーにより肌が乾燥して肌が水分を保つことができなくなり、その結果角質細胞がはがれやすくなってバリア機能が弱まるというものです。

 

2つ目は加齢です。加齢により表皮が薄くなることで肌の細胞も減少します。その結果ちょっとしたダメージでも受けやすくなり敏感肌になるというものです。

 

3つ目はスキンケアのやり方や選び方です。肌に合わない化粧品を使い続けたり、UVケアをせずに紫外線を浴び続けると皮膚がダメージを受け過敏になっていくのです。またコットンなどで強くこすったり過剰な洗顔やマッサージにより角質層の表面を傷つけてしまうこともあります。この傷によりバリア機能が失われて敏感に反応するようになってしまうのです。

 

4つ目はアレルギーです。アレルギー体質の人は遺伝的に刺激や物質に過剰に反応しやすい抗体を持っていることがあります。また花粉症などのアレルギーが原因になることもあります。

 

このように敏感肌と言っても原因は色々ありますし、これらの原因が複数絡み合っていることもあります。

関連ページ

【主な乾燥肌の原因】遺伝・環境・生活習慣の3つ!?
主な乾燥肌の原因についてです。
【必見】男性と女性では主な抜け毛の原因が違う!?
抜け毛の原因についてです。